Dockerをwindows10 homeにインストールする方法

docker

windows10のhomeでもdockerをインストールして使いたのに、一筋縄ではいかずに困っていませんか?

この記事では、windows10のhomeにdockerをインストールする工程を解説していきますので、是非最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

Step1 : DockerToolboxをインストールする

dockerをwindows10 homeで動かすには、まずDockerToolboxが必要です。

以下のリンクから「DockerToolbox-18.03.0-ce.exe」をダウンロードして、インストールします。

https://github.com/docker/toolbox/releases/tag/v18.03.0-ce

注意

Install VirtualBox with NDIS5 driver[default NDIS6]にチェックしてください。

Step2 : VIOSでvirtualization technologyをenableに変更

Step1が終わったら、PCを再起動します。

電源が切れ、再度電源が入ったら、F2キーを押しVIOSを起動させます。

virtualization technologyという項目を探し、enableに変更、保存。

Step3 : Docker Quickstart Terminalを起動

起動に成功し、パスを求められたら、{Gitディレクトリ}/bin/bash.exeを選択。

再確認されたくない場合はシンボリックリンクを作ります。

C:\Program Files>mklink /d Git [git install path]

以下の記事を参考に作りました。

https://dawtrav.skr.jp/blog/docker/install-dockertoolbox/

注意

VIOSでvirtualization technologyが有効になっているにも関わらず以下のようなエラーが出る場合は、PCを再起動してみます。←これ結構重要

それでもダメなら、DockerToolboxのバージョンをダウングレードしてみてください。

Running pre-create checks...
Error with pre-create check: "This computer doesn't have VT-X/AMD-v enabled. Enabling it in the BIOS is mandatory"
Looks like something went wrong in step ´Checking if machine default exists´... Press any key to continue...

以下の記事が参考になりました。

補足 : windows10とvirtualbox上のLinuxでフォルダ共有

ローカルPCから仮想マシンにファイルをマウントする設定です。

デフォルトでは、c/users内が仮想マシンにマウントされるようになっているので、それで良ければこの項目は読まなくてもOKです。

もし他のフォルダに作業ディレクトリを作りたい場合は、以下を参考にしてみてください。

Oracle VM VirtualBoxを開き、実行中のマシンをダブルクリックします。

黒い画面が立ち上がるので、「仮想マシン」>「設定」をクリックします。

「共有フォルダー」を選択し、自分のローカルの作業フォルダを追加します。

Oracle VM VirtualBoxの黒い画面上で以下のコマンドを実行します。

$ sudo mount -t vboxsf {上の設定で付けた名前} {/から始まるLinux上のパス}

最後に

自分の作業ディレクトリにファイルを置き、Oracle VM VirtualBox上にマウントされていることを確認します。

Oracle VM VirtualBoxで以下のコマンドを打つと、フォルダ内のファイルが確認できます。

cd {作業dirパス}
ls

ローカルPCに置いたファイルが仮想マシン上にも見つかれば成功です!

タイトルとURLをコピーしました